黄色の錠剤

様々な副作用

中身が出ているカプセル

イフェクサーを服用することによって発生する副作用には様々な物があります。軽度の物から非常に強い悩みになってしまうようなものもある為、しっかり知ったうえで服用するようにしましょう。

Read more

減薬は計画的に

白い錠剤

イフェクサーのような抗うつ剤はうつ病の症状が軽減していくに連れて徐々に減薬していく必用があります。しかし、減薬の過程で離脱症状という副作用が起こることがある為、減薬は計画的に、そして長期的に行うようにしましょう。

Read more

強い離脱症状に注意

薬のイメージ

イフェクサーなどの抗うつ剤を減薬する過程で起こる離脱症状、軽い物は体の震えや頭痛、耳鳴りなどがありますが、非常に強い離脱症状になると命を脅かすような離脱症状が現れる事もあるので、用心するようにしましょう。

Read more

popular contents

指でつまんでいる薬

「知って正しく服用しよう、イフェクサーの副作用と離脱症状」の人気コンテンツ一覧です。

Read more

デパスに代わる万能薬

スプーンにはいっている薬

今まではうつ病の治療を行う際、デパスという抗うつ剤を使用したり、個人輸入代行という手段を利用して購入し、服用する人が多くいました。
しかし、デパスが向精神薬というカテゴリに指定されたことにより、今まで可能だった個人輸入代行での購入が出来なくなり、代わりにイフェクサーと呼ばれるSNRIというタイプの抗うつ剤を購入する人が増えてきました。

イフェクサーはSNRIというタイプの抗うつ剤で、服用することによってセロトニンとノルアドレナリンの再取り込みを阻害し、うつ症状を治療していきます。
デパスと同じようにうつ病やパニック障害や不安障害の治療に利用されるため、デパスが万能薬と呼ばれているのと同じようにイフェクサーも万能薬という呼ばれ方をされる時があります。
そしてこのイフェクサーを利用している人が多い理由はやはり「個人輸入代行での購入が可能」という点にあります。
この方法を利用すれば病院に行かずとも薬を購入し、治療を行うことができます。
その為、誰にも知られず重度のうつ病を治療することが出来、偏見の目で見られるかもしれないという不安に駆られる事無く治療を行う事が出来るのです。

しかし、効果が強くて様々な病気の治療に利用されるイフェクサーにももちろん副作用という物があります。
更に、デパスの特徴でもある強い離脱症状があるという点も共通しており、服用量を減らすことで様々な症状を引き起こすことがあります。
なので、どのような離脱症状があるのか、どのような副作用を引き起こすのかを知り、正しく服用できるようにしましょう!
また、うつ病やパニック障害や不安障害と同じ類の病で、統合失調症という症状もありますが、こちらに関してはデパスではなくエビリファイという治療薬が効果的です。
エビリファイは服用すると「痩せる」や「太る」などと言われていますが、誤りです。

エビリファイに関するサイトをご紹介
  痩せる?エビリファイの詳細